お問い合わせ

2021.6.9

バカラの遊び方 〜基礎

☆大人気☆バカラの遊び方〜攻略法

■カジノの定番バカラの基本ルール■

オンラインカジノでも大人気のバカラのご紹介です。

バカラ(Baccarat)は、トランプを使ってプレイヤーとバンカーのどちらがカード合計9に近づくかを予想するカジノゲームです。

基本はとてもシンプルなゲームのため初心者でも覚えやすいので是非遊んでみてくださいね!

 

 

 

<プレイヤーとバンカーのどちらが勝つか予想する>

バカラのルール

バカラは、プレイヤー対バンカーの勝負になっています。

そして我々、ゲームプレイヤーはこのどちらが勝つかを予想します。

プレイヤーが勝つと思えばプレイヤー側にベットし、バンカーが勝つと思えばバンカー側にベットします。

①基本ルール

  • ゲームプレイヤーはプレイヤーとバンカーこのどちらが勝つかを予想
  • プレーヤーとバンカー、どちらか勝つと思う方にベットする

<カード合計値が9に近い方が勝ち>

バカラのルール

プレイヤー及びバンカーの勝ち負けを決めるのは、配られたカードの合計値です。

基本的にバカラでは、プレイヤー及びバンカーにそれぞれ2枚のカードが配られます。

この2枚のカードの合計値が[9]に近い方が勝ちとなります。

バカラでは[A]~[9]をそのままの数字、[10~K]を全て0とカウントします。

そのため、上の図ではバンカーはカード合計値が[0]となります。

②基本ルール

  • プレイヤーとバンカーにそれぞれ2枚のカードが配られる
  • 2枚のカードの合計値が[9]に近い方が勝ち

<必ずしも9ではなく数字が9に近ければ勝ち>

カードの合計値が9であればその時点で勝ちは確定しますが、必ずしもそのパターンのみが勝ちとはなりません。

バカラのルール

この図のように、プレイヤーとバンカーどちらも[9]ではありません。

しかし、バカラは[9]に近い方が勝ちなので、この場合はバンカーが勝ちとなります。

[10][J]は0とカウントすることから、

  • プレイヤーのカード合計値
    5(5)+J(0)+10(0)=5
  • バンカーのカード合計値
    4(4)+2(2)=6

となります。

 

基本ルール③

  • カードの合計値が[9]であればその時点で勝ちは確定。
  • 両者とも[9]にならなかった場合は、[9]に近い方が勝ち。

<カード合計値が同じなら引き分け(タイ)>

バカラのタイ

仮に、プレイヤーとバンカーのカード合計値が同じであった場合、引き分けとなります。

バカラでは「タイ」と言われますが、ベットした額はそのまま戻ってきますが利益もありません。

 

④基本ルール

  • プレイヤーとバンカーのカード合計値が同じ場合は引き分け(タイ)
  • 引き分け(タイ)の場合、ベットした額は返還されるが利益もない

バカラの遊び方を流れで理解する

上記を踏まえて、実際にバカラで遊ぶ際のルールや流れを見ていきましょう。

プレイヤー・バンカー・タイなどにベットする。

バカラのルール

まずはプレイヤー・バンカーもしくは引き分けのタイのどの結果になるか予想します。

賭け金を設定する

バカラのルール

どこに賭けるかが決まったらベットします。

ここでベットする金額を決めましょう。

ディーラーがカードを配る

バカラのルール

カードはディーラーが配るため、ゲームプレイヤーは特にすることはありません。

勝敗が確定する

バカラのルール

配られたカードで勝敗が確定します。

バカラの基本ルールはとにかくシンプルなので、基本となるゲームの流れもたったこれだけです。

ルールを知らない人でもすぐにでもゲームをプレイすることができるのが何よりの特徴でしょう。

 

<バカラのカードの数え方>

バカラのトランプ

バカラはトランプカードを使ってゲームを行いますが、通常のトランプカードとは異なった数字で捉えます。

数え方も非常にシンプルで、A~9はそのままカウントします。

10・J・Q・Kに関しては全て0とカウントします。

▼これを基に、カードの組み合わせを見てみましょう。

バカラの数え方

バカラでは上記のようにカウントします。

基本的には数字通りに計算していくので、難しくはないでしょう。

また、10や絵柄を全て[0]としてカウントする=無視する。

と捉えても問題ありません。

そして[7]+[8]=[15]となった場合などには1の位だけをカウントします。

この場合は[15]→[5]になります。 最初は慣れる必要があるかもしれませんが、複雑なカウント方法はありませんのですぐに慣れるでしょう。

▼また、慣れるまでは「10 / J / Q / K」を全て10としてカウントする方法もあります。

 

バカラの数え方

 

バカラの基本用語

用語 解説
バカラ イタリア語で0を意味する
プレイヤー 先にカードが配られるメインの賭け方
バンカー 後にカードが配られるメインの賭け方
タイ ゲームの引き分け
コミッション バンカーに賭けて勝つとカジノ側に取られる手数料
ノーコミッション バンカーに賭けて勝ってもカジノ側に手数料は取られない
スート トランプカードの絵柄のこと
デック ジョーカーを抜いた52枚のトランプカード
ナチュラル カード合計値が8や9であること

バカラで使われる用語は数多く存在しますが、中でも最も使われる基本用語はこちらです。

プレイヤー、バンカー、タイなどはバカラでチップを賭ける際にメインとなる用語なので、必ず覚えておきましょう。

他のカジノゲームなどでも使われるスートやデックなどは、バカラ以外のゲームでも使われる用語なので必須用語です。

その他にも様々な用語が存在するので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

 

 

<バカラの3枚目について>

バカラ3枚目

バカラはプレイヤー・バンカー共に、最初に2枚のカードが配られます。

しかし、カードの合計値によってはそれぞれ3枚目のカードが配られる可能性もあります。

その条件を見ていきましょう。

3枚目のカードが配られない条件

まず先に、3枚目のカードが配られない条件を見ていきましょう。

プレイヤー・バンカーのどちらかのカード合計値が[8]か[9]

3枚目のカードが配られない条件

プレイヤーもしくはバンカーの最初に配られた2枚のカード合計値で判断します。

どちらかが[8]もしくは[9]であれば、3枚目のカードは配られません。

こういった場合はそのまま最初に配られた2枚のカードで勝負をすることになります。

プレイヤー・バンカーのどちらもカード合計値が[6]か[7]

3枚目のカードが配られない条件

プレイヤーもしくはバンカーの最初に配られた2枚のカード合計値で判断します。

それぞれ[6]か[7]であれば、3枚目のカードは配られません。

最初に配られた2枚のカードで勝負となります。

プレイヤーに3枚目のカードが配られる条件

3枚目のカードが配られる条件

プレイヤーに3枚目のカードが配られる条件は、プレイヤーの最初のカード2枚合計で[5]以下であった場合。

3枚目のカードが配られて、勝負となります。

バンカーに3枚目のカードが配られる条件

3枚目のカードが配られる条件

バンカーに3枚目のカードが配られる条件は少し複雑です。

条件

  • バンカーに最初に配られた2枚のカード合計値
  • プレイヤーに3枚目のカードが配られていない
  • プレイヤーに3枚目のカードが配られた

▼この3つの条件を見ながら、上記の表に照らし合わせていきます。

バンカーに3枚目のカードが配られる流れ

このゲームでは、プレイヤー[6]:バンカー[0]です。

▼こちらを基に図と照らし合わせていきます。

バンカーに3枚目のカードが配られる流れ

該当する部分はこちらです。

「H」つまり、ヒットとなり、バンカーは3枚目のカードを引きます。

▼バンカーは3枚目のカードを引いて勝負となりました。

バンカーに3枚目のカードが配られる流れ

バンカーに3枚目のカードが配られる条件は少し複雑です。

しかし、実際にバカラをプレイする際には全てディーラーが行ってくれるためこの表をきっちり暗記する必要などはありません。

  • ブログ一覧